失敗をしないマンション経営をしよう|不動産投資の知識

女性

賃貸経営で効率的に稼ぐ

家

人間は住む所が必要であり、今後も賃貸に関する需要は無くならないと言えるでしょう。そのため賃貸経営においてもビジネスの可能性が多くあると言えますが、賃貸管理などに関する検討も行い円滑な経営を検討する必要があると言えるかもしれません。

資産形成に適した投資法

グラフ

空室の影響がないメリット

資産形成するには投資が最も適しています。投資の中でもリスクが小さいのが不動産投資です。不動産投資にはアパート経営とマンション経営がありますが、これは規模の違いです。マンション経営の場合は既存のマンショを購入するか、新しく建築することになります。マンション経営の特徴はアパート経営に比べて部屋数が多いので、それだけ空室のリスクが小さくなるという点があります。アパート経営の場合は部屋数が数室ですが、その中の一室か二室が空室になるとその分の家賃収入が減るのでアパート経営全体に影響します。マンション経営の場合は規模が大きいと数十戸の部屋を要するので、一室や二室が空室になっても他の部屋の家賃収入でカバーできるのです。これがマンション経営の特徴でもありメリットです。

立地と周辺環境がポイント

マンション経営で注意することは立地と周辺環境です。空室が一室や二室なら他の部屋の家賃収入でカバーできますが、それ以上に空室が増えるとさすがにマンション経営自体に影響し、失敗することになります。失敗しないためには良い立地のマンションが必要です。一番重要なのは駅から近いということです。駅から近いというだけでサラリーマンやOLや学生などが入居してくれます。また周辺環境もマンション経営を失敗させないためにも重要です。周辺環境というのは大学や工場や企業施設などがあるということです。学生や労働者などの入居者を確保できるので、空室率の不安がなくなります。ですからマンション経営で失敗しないためには、事前に立地や周辺環境をリサーチすることが大切になります。

展開の仕方

住宅

店舗物件について判断する時は、コストの変化を想定する必要もあります。大阪では様々な収益物件があるので、コストの変化を知ることは、ビジネスをする上でとても大切なこととなります。ビジネスはデータ分析がとても重要になります。

住宅の短期賃貸

不動産

リロケーションというものは、地方都市などの転勤の場合、留守になってしまうマイホームを管理下に置くサービス です。 多くのケースでは賃貸として他の方に貸すことになります。 借地 借家法の改正により、現在多くの方が活用されています。